総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外カードローン

「総量規制対象外のカードローンで借りたい」

カードローン会社に勤めている関係上、こういった声をよく聞きます。

では一体、総量規制対象外とは何なのでしょうか。

貸金業法が改正され、年収の1/3を超える借り入れが禁止されました。

また、同時に専業主婦の借り入れも貸金業法が改正されたことにより、新たな契約をすることが難しくなったことはご承知の通りです。

簡単に言えば、これらは消費者金融キャッシング(プロミス、モビット、アコム、アイフルなど)のみ影響し、地方銀行(地銀)を含めた銀行カードローンには関係ありません。

総量規制をおさらい

総量規制対象外の銀行カードローン

新たな借り入れの希望を消費者金融が受けた場合、消費者金融は信用情報センターを利用して、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングの利用を調査します。

信用情報センターに確認をした結果、年収の1/3を超える借り入れが確認できると、新たな借り入れの契約をしてはいけないことになっています。

これらは貸金業法が影響する消費者金融に影響し、銀行法が適用される銀行カードローンには関係ありません

つまり、銀行カードローンは総量規制対象外となります。

総量規制の借り入れを確認します

総量規制キャッシング

総量規制が関係するのは下記の通りです。

  • 消費者金融(プロミス、モビット、アコム、アイフルなど)※乗り換えローンは総量規制対象外。
  • クレジットカードのキャッシング

対象はこの2つだけです。

ショッピングの利用などは対象外になっています。

その他、住宅ローンや自動車ローンは対象外になっている他、緊急医療費などは除外貸し付け、借り換えローン(おまとめローン)や、自営業者の事業のためのローンなどは例外貸付として対象外になっているものの方が実は多いのです。

もし、現在の利用がストップになっているようなら、総量規制ではなく別の理由があるかもしれません。

利用している消費者金融で追加利用がストップしている、増額が断られただけでは総量規制に抵触しているとは限りません。

理由くらいは教えてくれると思いますので、今一度確認をしてみる必要がありますね。

また、消費者金融1社で50万円を超える借り入れを希望する場合、他の貸金業者との借り入れ金額の合計が100万円を超える場合には、収入を明らかにする、源泉徴収票や確定申告書などの書類を提出する必要があるので、この部分も確認しておきたいポイントです。

総量規制対象外銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローン

銀行は貸金業法で営業をしていないため、銀行カードローン(三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなど)は総量規制対象外の商品になっています。

大きなメリットは、年収の借り入れの1/3を超過する場合でも法律の制限がない、専業主婦の申し込みが可能というのが消費者金融(プロミス、モビット、アイフル、アコム)と違う点です。

しかし、法律の縛りがないだけで、年収の1/3を超過している人に誰でも契約するということはないので、事前に注意だけはしておく必要があります。

有名な銀行ローン

銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行の展開するバンクイックや三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどが有名です。

また、買収された絡みからレイクも新生銀行が展開している銀行カードローンに当たり、総量規制に抵触しません。

これらは全て銀行ローンになるため、総量規制の対象から外れます。

計画的な利用が必要です

計画的な返済

もし、消費者金融が追加で融資をしてくれない状況なら総量規制に抵触している可能性がありますが、そもそも総量規制は消費者を保護するために制定された法律です。

銀行カードローンで契約ができれば一時的なピンチを凌ぐことが可能かもしれませんが、返済するには相当な労力と時間が必要になります。

計画的な申し込みを心がけるとともに、借り入れた後、返済が可能なのかをセルフチェックすることも重要になってきます。

専業主婦の契約も可能です

専業主婦カードローン

貸金業法が改正されてから、専業主婦の借り入れが困難になりました。

これは、配偶者の収入のみで生活をする専業主婦が申し込みをする際、配偶者の許可を必要とするという法律の内容から、大手消費者金融では専業主婦の契約を行わないとしている会社が多いためです。

総量規制外のキャッシングでも、専業主婦の申し込みを制限している会社もありますが、楽天銀行やバンクイックは率先的に専業主婦の契約を励行しています。

本人が仕事をしていない場合は、このように専業主婦を積極的に受け入れている銀行カードローンに申し込みをする方が良いのです。

借り換えローンなども利用できる

乗り換えローン

銀行の展開する借り換えローンがあり、「おまとめに利用可能」としている銀行もあります。

この場合には、消費者金融系で利用していることも重々承知でしょうから、安い金利でまとめることが可能です。

銀行の金利にもよりますが、金利を安く利用できるようになれば、このように銀行でまとめることも選択肢に入れて良いでしょう。

また、消費者金融でも乗り換えローン(おまとめローン)には総量規制が適用されませんので(総量規制対象外)、消費者金融で乗り換えローン(おまとめローン)にまとめてしまうのもアリです。

現在、大手消費者金融ではモビットを除く3社(プロミス、アコム、アイフル)で乗り換えローン(おまとめローン)を商品として提供しています。

ですので、乗り換えローンについては銀行カードローンではなく消費者金カードローンを使うことも選択肢に入れることが出来ます。

審査時間も早く、柔軟な対応はやはり消費者金融

消費者金融カードローン

お金がどうしても必要!すぐに借りたい!という場合、なかなか銀行へ行こう思わず消費者金融と頭に思い浮かぶものです。

緊急に現金が必要、高額の現金がいるシチュエーションで、消費者金融は実に柔軟な対応です。

営業時間も22時までが基本、即日融資が基本可能となっているので、何かあったときのために余裕枠を残しておくことも必要でしょう。

プロミスやアイフル、アコム、モビットなどは日本のキャッシング文化のけん引役を務めてきました。緊急時は便利なローンです。

そして、嬉しいことに乗り換えローン(おまとめローン)の際にはこれらの消費者金融カードローンも総量規制対象外となります。

お金がどうしても必要な場合、消費者金融は親身に対応してくれるはずです。

まとめ

総量規制対象外カードローン

消費者金融は総量規制の対象となりますが、総量規制対象外の銀行カードローンが普及したことにより、借り入れに制限されている人も、選択肢が広がってきました。

しかし、注意しないとならないのは、年収の1/3を超過しても貸してもらえるということはないのと、仮に契約が可能であっても、返済をしなければならない事実は変わらないということです。

また、乗り換えローン(おまとめローン)については消費者金融カードローンでも総量規制対象外となります。

このような点に注意をして、計画的に利用をすることが重要ですね。